結婚式の費用をおさえたい方│タキシードのレンタルもできます

結婚式

結婚式の決め事は早めに

新郎新婦

京都で結婚式をあげる予定の方は、どのような結婚式にするか二人で話し合うことが大切です。結婚式のスタイルは西洋式や和式など様々あるので、どれを選ぶから自由ですが、実家の意向などを配慮することも必要になってきます。たとえば、どちらかの実家が京都のお寺だった場合、結婚式は仏式にすることも視野に入れる必要があります。また、どちらかがキリスト教徒だった場合は、教会式で開催する方が望ましいでしょう。このように、実家の意向や宗教観によって結婚式のスタイルは左右されます。式をあげることが決まったら、できるだけ早く相談するといいでしょう。また、結婚式にたくさんの費用もかかります。それは結婚式の規模によっても変わってくるので、早めに式場を決めると後々楽になります。費用に関しては、どちらが負担配分を決めることも大切です。理想的なのは両家で折半することですが、京都の実家の家柄や新郎のこだわりによっても変わってきます。新郎新婦の収入に大きな差があり、新郎の方が稼いでいる場合は、新郎が多めに負担することが多いようです。また、式場代などは新郎が全額負担するかわりに、新婦はウェディングドレス代などを負担するというカップルもいます。また、新郎が婚約指輪や結婚指輪で多額の支出したため、京都での結婚式は全て新婦側が出すというカップルもいるようです。このように、カップルによって結婚式の費用分担の内訳は異なっています。なので、自分たちに合った費用分担を話し合うことが大切です。